Traveler Guitarの改造Jazz Modelで枯葉の練習

2017年11月22日12:09  ギター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラベラーギターの改造が完了しましたので、ここで音チェックです。久しぶりに枯葉のコード進行でアドリブ練習を兼ねて音だしをしてみました。4コーラスもアドリブやってますので、同じような指癖フレーズが何度か聞こえます(-_-;)・・・。本当は4回の中から2コーラス分マシなところを切り取ろうと思っていましたが、あちこち失敗しているし、いい感じのところも散らばっているので、面倒になり全部アップ・・・しました。コンピングもついでに軽くやってみました。Backing TrackはBand-in-a-Box(BIAB)でドラムとベースのみです。Yamaha THR10を通して、BIABのオーディオトラックに直接録音しています。

音の加工はあまりせずにナチュラルに、アンプ側はCleanチャンネル、Bass:10時、Middle:1時、Treble:9時くらい、それ以外のエフェクトなしです。BIABでリバーブは薄くかけました。ギター側はソロパートはボリューム10、コンピングパートはボリューム8くらい、トーンは両方とも7くらいです。ソロパートはピックで、コンピングパートは指で弾いています。



ホローボディーではないのでアコースティック感はないですが、音はなかなかいい感じです。以前にEpiphone Joe Pass Emperor II Proで枯葉を練習していますが、それよいも音はいいかもと思います(こちら)。ノイズも少なく、弦に触れるとほぼ消えますので、アースもばっちりです。これに味を占めたので、その内に自分でギターを作り出しているかもしれません・・・(笑)




サウンドハウス
トラックバックURL

http://studiootoji.blog.fc2.com/tb.php/194-b4b5e6a7

前の記事 次の記事